BLOG

2019.07.05

【施設】東京ベイコート倶楽部

ベイコート倶楽部ビジターでもメンバー料金で宿泊する裏技

知られているのか知られていないのかわかりませんが、東京ベイコート倶楽部ではビジターのお客さんでもメンバー料金で宿泊する方法があります。

このブログをお読みいただいている方の中で東京ベイコート倶楽部を検討している方は東京ベイコート倶楽部を利用する際はメンバー料金とビジター料金の2種類の利用料金があるという事は勉強されているかと思いますが、東京ベイコート倶楽部のメンバーさんでお知り合いの方などに貸してあげる際にメンバー料金で利用する方法があるのは意外と知られていません。

この方法を利用する際にはいくつかの条件があります。ベイコート倶楽部のメンバーさんである事です。エクシブのメンバーさんがベイコート倶楽部を利用する際は適用されないでのご注意下さい。

通常例えばベイコート倶楽部ベイスイートのメンバーさんがツインのお部屋を利用する時のルームチャージは税抜きで19000円で登録されていない方にお貸しする際のルームチャージは28500円になります。これがメンバー登録されていない方が利用する際も19000円で利用出来る驚き方法があるのです。

その名もルームチャージ一括払いシステムです。

つまり12泊分のルームチャージ代を一括でお支払いする事により、メンバーでもビジターでも同じ料金で利用出来るのです。これはベイコート倶楽部ベイスイートメンバーが和洋室を利用する場合でも効果があります。通常、ベイコートベイスイートメンバーが和洋室を利用する場合は25000円ですが、この一括払いの場合はツイン19000円×12泊分の料金のため19000円で利用出来ます。

又素晴らしいのがベイコート倶楽部ベイスイートで交換利用出来るエクシブ箱根離宮のSEタイプ2ベッドは27400円ですが19000円で宿泊する事が出来ます。

ここまでの話だと素晴らしい事だらけのようなこのルームチャージ一括払いですが、一つだけ注意点があります。

このルームチャージ一括払いなのですが、1月から12月までの期間となっており、翌年に持ち越せないというギャンブル性の高いシステムになっています。つまり12泊分を一括で支払ったら1年間で12泊使い切らないと、余ってしまった宿泊日数分のルームチャージ代金は翌年には持ち越せないシステムになっていますのでご注意下さい。

毎年ベイコート倶楽部の宿泊日数分は使い切るという方には良いかもしれませんが、2ヶ月に1回ぐらいしか利用しないなという方にはお勧めできませんが、毎年宿泊日数使い切ってしまっている方は検討してみてはいかがでしょうか。

このルームチャージ一括システムですが、ご関心のある方は予約事務局や懇意にしている担当がいる場合はご相談してみるのもよろしいかと思います。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.