BLOG

2019.06.20

【情報】エクシブデータバンク

エクシブ辞典④占有日

過去3回にわたりエクシブ用語について解説してきましたが本日は第四弾占有日についてお話したいと思います。

占有日という言葉聞いた事ありますでしょうか。

エクシブ会員権を所有している方はご自身の権利が13泊の権利もしくは26泊の権利どちらかであるという事は理解しているかと思いますがこの13泊26泊の権利は時と場合によって呼び方が変わります。スペースと呼ぶ事もありますし権利と呼ぶこともありますし占有日と呼ばれる事がありますが、大抵これらの用語はほぼ同じ意味で使われます。

ではこれらの権利、スペースと呼ばれる時と占有日とは何が違うのでしょうか。

まずスペースと権利はほぼ一緒の意味になります。年間13泊もしくは26泊の権利の事を指します。この13泊もしくは26泊の権利にはあらかじめ、エクシブカレンダーによって指定された日に購入したエクシブ会員権のホームグランドに宿泊する事が出来ます。この指定された日にちの事を占有日と言います。

つまり、権利自体の事はスペースや権利と呼びますが、特定の指定された日程の権利に関しては占有日と呼びその指定された占有日に利用する事を占有日利用と言います。

大抵のお客様が指定された占有日に合わせて利用するという事はなく、その占有日の権利を他の日や他の施設と交換して利用する訳ですが、例えば、1月2日、3日の箱根駅伝が開催されるような日にちに関しては、エクシブ箱根離宮に占有日が当たっているお客様の多くが占有日利用をされます。

つまり占有日利用が多い日程の施設は他施設を所有している会員さんにとってはこのような日程に宿泊する事はかなり難しいという事になります。

ご自身が購入した会員権の宿泊日数の事を権利やスペースと呼び、エクシブカレンダーの指定されている日程を占有日と呼びます。エクシブ会員権を上手に利用するもしないもご自身次第になりますので、既存の会員さんはこれからの夏休みシーズンご自身の占有日をチェックしておくと良いかもしれませんね。

次回のエクシブ辞典はワンダーネットという用語についてのお話を予定しておりますので又そちらも楽しみにしていただければと思います。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.