BLOG

2020.02.12

【利用】知ってると得する利用と予約

エクシブお部屋の和室を見比べてみた

今日のブログはエクシブホテルのお部屋のグレードについてのお話になります。

どんだけブログのネタがないのだろうか😭とお思いになる方もいらっしゃるかと思いますが、遂にクラベール、ブログ材料がネタ切れになりました。

そこで今日はクラベールと共に皆さんとご一緒にエクシブの各グレードのお部屋の和室について見比べてみたいと思います。

まずご覧いただくのがエクシブ山中湖Dタイプ(スタンダード)の和室になります。クラベールもあまり注視していなかったのですが、同じスタンダードグレードによっても施設によって和室の広さはだいぶ異なります。
下にご覧いただくのがエクシブ浜名湖Bタイプ(スタンダード)のお部屋になる訳ですが、先程のエクシブ山中湖Dタイプ(スタンダード)と広さがだいぶ異なるのがわかるかと思います。

エクシブ山中湖のDタイプスタンダードの和室が6畳なのに対してエクシブ浜名湖スタンダードの和室は4,5畳同じスタンダードでも和室に寝られる人数は3名となるので、エクシブ浜名湖の和室には若干の畳以外のスペースがあると考えても施設によっては家族で寝る時、窮屈に感じる事もあるかと思います。
こちらはエクシブ鳴門Cタイプ(ラージ)の和室になります。なんでしょうか。エクシブ山中湖Dタイプスタンダードが6畳なのに対して、ラージグレードであるにも関わらず4,5畳。畳以外の部分がエクシブ浜名湖スタンダードと比べても大きく取られていますが、なんだかスッキリしませんね。
そしてエクシブ京都八瀬離宮Cタイプ(ラージ)の和室になります。ここ10年ほどで開業しているエクシブの和室は和室でも実質絨毯の部屋になります。広さはと言うと畳が敷かれていないので正確ではありませんが、6畳ほどになります。
下にご覧いただくのがエクシブ琵琶湖Cタイプ(ラージ)の和室になります。つまり旧エクシブの中でも開業から20年以上経過しているエクシブホテルの和室は畳のお部屋になりますが、ここ20年で開業しているエクシブホテルの和室には畳のへりの部分にちょっとしたスペースがるために純粋な広さは明確ではありません。
最後にご覧いただくのがエクシブ浜名湖Eタイプ(スイート)の和室になります。あれ、5,5畳。(笑)もうエクシブホテルの和室の広さは統一性ゼロです。ただし畳以外のスペースが十分に取られているために一番広く感じられるのは間違いありません。
そして次にご覧いただくのがエクシブSタイプ(スーパースイート)あれ。写真がない。写真がない。

クラベールここである事に気づきました。エクシブ山中湖サンクチュアリー、エクシブ箱根離宮Sタイプ、エクシブ軽井沢サンクチュアリームセオとクラベールブログ内でSタイプを紹介してきましたが、どこも2ベッド。和室のないお部屋。(笑)

次回のクラベールのエクシブ漫遊記は旧エクシブのスーパースイートの和室の写真でも撮りに行きましょうかね。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.