BLOG

2021.03.26

【購入】エクシブ購入に関する情報

エクシブ都市伝説に迫るVOL2

本日はエクシブ都市伝説シリーズ第二弾。リゾートトラストで会員権を購入した場合、予約は優遇されるのか都市伝説に迫りたいと思います。

つまり、リゾートトラストで購入した人と仲介市場で購入した人では予約の取れ具合に違いはあるのか。という事です。これって冷静になればわかるのですが、どこで購入したかによって優遇されるとかされないとかがあったら、それはエクシブは公平にお客さんを扱わない会社ですよ。と言っている事と同じです。そんな会員権誰が購入するのだろうか。(笑)

もしそれが事実なら利用規定、契約書、重要事項説明書に明記しないといけませんが、そんな事書いてあるの見た事ある人いますか?

例えば、ゴールド期間はリゾートトラストで購入すれば優遇されるかどうか。という点ですが、そんな話聞いた事ないけど。優遇されるなら、クラベールが在職時にあんなに苦しんでいた時間を今からでも返して欲しい(笑)それは優遇されているのではなく、営業の努力と情報のスピード、システムをどれだけ熟知しているかによるものです。

リゾートトラストから購入するとそれらを営業が代わりに使って予約を取ってくれる。というのが正しい表現かと思います。

出来る営業はフローティングで繁忙期に5~7ぐらいは確保します。何故か交換待ちで入れていたお客さんが不成立なのにフローティングでゴールドの権利を使わずに部屋を確保している人がいる。なんだかとっても不公平な気がしますが、別に不正をして取っている訳ではありません。利用規定を理解している人は多くいますが、それが現在の各施設のエクシブホテル状況と照らし合わせた時に何が起こるのかを理解している人はほぼいないのでこのような現象が起こります。

リゾートトラストには2つの種類の営業があります。会員制営業とHR営業と呼ばれる部隊です。

会員制営業はリゾートトラストの利益のほぼ全部を生み出す営業で、リゾートトラストは自分達が支えているという自負もありますし、キツイ、苦しい、給料よい。というよくわからない部隊です。完全能力制でストレス半端ない。(笑)各支社の支社長はこの会員制営業という出身でないとなれません。

リゾートトラストの利益はほぼ僕らが稼いでいるのだからこの予約なんとかしてよ。みたいな雰囲気が各部署であります。これは昔はひどかったですが、今はそこまで自通力も通らないようです。又、同じ営業でもそれが社員からなのか課長からなのか、部長からなのか。によりますが、部長以上になるとお客さんはとはほぼやりとりはないので、予約に関して一番幅を利かせているのがリゾートトラストの課長となります。

課長は部長になると一部のお客さんと面倒なお客さんだけを残して、それ以外を部下へと移していくようになります。そのため俺はリゾートトラストから購入したから大丈夫だー。なんて考えは辞めた方が良いのです。

実質、予約の戦いは社員、主任、係長、課長補佐、課長の戦いのです。例外的に新入社員から買うと数年課長が一緒にフォローしたりするので新入社員から購入するという手もありますが、いずれは彼ら、彼女らも独り立ちしなないといけません。

一方HRとは集客の営業の事を指します。マイリゾートに挟まっているディナーショーや美食会などのチラシ。これらはHRの営業さんなどが企画してホテルの稼働率を上げるという仕事となります。同じ営業に頼むのもどちらの営業に頼めば予約が取れやすそうかは想像出来るかと思いますがHRもたまに侮れません。会員制営業とは異なりホテルと普段からかなりやり取りをしているので、なんか交換条件で予約を取ってくれたりもします。

そうなると、やっぱりリゾートトラストから購入したらやはり予約を取りやすいのかとなりますが、ここからが簡単にいかなくて課長になるとお客さんが100人から200人とかになります。つまり人脈とテクニックを駆使してフローティングで5,6部屋を確保してもお客さんは100人から200人ぐらいいるのです。足りないのです。ではどうするか、今回はこのお客さんには泣いてもらおう。とか選別しないといけなくなります。

つまり、一番予約に強そうな課長には多くの客から予約頼まれ過ぎるのです。お客さんにたくさん買ってもらったからその実績が認められ課長になっている訳で、お客さんが少ない課長なんていないのです。となると課長のお客さんの中で選別されて、このお客さんゴールデンウィーク断ったから、夏休みなんとかしないといけないな。とか、でも夏休みは占有日があたっているからそれで我慢してもらってとかこの人先月紹介契約してもらってるからこの予約断れないな。とかシステム商品であったのに何故かいろいろな多くの要素が絡むのです。(笑)

つまりリゾートトラストで購入すると時と場合によって予約が取りやすくなる場合もあったりなかったりするが、あまり多くを期待しない方が良いと思う(笑)

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.