BLOG

2020.03.31

【購入】エクシブ購入に関する情報

グレード比較第十三弾シーズン5エクシブラージかベイスイートか

遂にこのグレード比較もシーズン5に突入になる訳ですが、今日からエクシブホテルとベイコート、エクシブ離宮とベイコートと言ったグレード比較になる訳ですが、ラージとベイコートの比較ってどのような事?となっている方もいらっしゃるかもしれませんが、考えようによっては同じグレードと考えられなくもないという事で本日からグレード比較シーズン5に突入になります。

このクラベールブログを全部読破しているという暇な方(笑)はもうご存知かと思いますが、ベイコート倶楽部に宿泊をしたいが予算は少しでも抑えたいというリゾートトラスト会員権を検討している方はこのエクシブラージグレード会員権から選んでいただく事が基本的な考えになるかと思います。つまりエクシブのラージ会員権は交換利用にてベイコート倶楽部のベイスイートが利用出来るという訳なのです。

こちらはエクシブ琵琶湖Cタイプ(ラージ)のお部屋になりますが、こちらの会員権を所有する事により、芦屋ベイコート倶楽部やラグーナベイコート倶楽部、東京、横浜両ベイコート倶楽部のベイスイートが利用が出来るという事になります。
こちらは人気施設の一つエクシブ京都八瀬離宮Cタイプ(ラージ)のお部屋になりますが、同様に各ベイコート倶楽部ベイスイートのお部屋が交換利用出来るという事になります。基本的にはラージグレードとベイスイートのお部屋の広さはほぼ同じ広さになるかと思います。
このラージグレード会員権でベイコート倶楽部で交換利用できるのがこちらのベイスイートという事になりますが、ご覧いただくのはラグーナベイコート倶楽部のベイスイートのお部屋になります。交換利用が出来ると言ってもエクシブホテルがどなたでもルームチャージが同一料金なのに対して、ベイコート倶楽部はメンバー料金とビジター料金の2つのルームチャージ料金が存在します。
エクシブ会員が東京、横浜ベイコート倶楽部を利用する際はベイコートメンバーのルームチャージの1,5倍。芦屋、ラグーナベイコート倶楽部は平日は同一料金、週末は1,2倍料金となっています。つまり権利を交換して利用する事は出来ますが、利用料金が異なるという事になります。ちなみに説明はざっくりした説明になります。芦屋及びラグーナに関しては、平日でも週末の設定になっている設定のお日にちがありまうすので利用する際はその都度、ご確認下さい。

ではこのエクシブラージ会員権でベイコート倶楽部のベイスイートが利用出来るのなら同じグレードのように感じますが、一番の大きな違いはここ数年で開業しているエクシブ離宮をそれぞれの会員権で交換利用した際に大きな違いが生まれます。
エクシブラージ会員権でエクシブ離宮を交換利用した際はECタイプになる一方、ベイコート倶楽部のベイスイートはSEタイプと一つ上のグレードが交換利用出来る事が最大の違いになります。又、エクシブ離宮シリーズの中でもここ最近開業しているエクシブ鳥羽別邸とエクシブ湯河原離宮にはECタイプのお部屋の設定がないためにエクシブラージ会員権はCBタイプとの交換利用となるために実質この2つのエクシブ離宮では2つグレードが異なってしまうという事になります。

また、エクシブ鳥羽別邸及び、エクシブ湯河原離宮SEタイプからお部屋のお風呂は温泉が引かれていますので、この2エクシブ離宮に関してはだいぶ利用出来るお部屋が異なってしまいます。

エクシブラージはベイコート倶楽部ベイスイートが交換利用出来るという点が魅力の一つかと思いますが、最新エクシブであるエクシブ鳥羽別邸とエクシブ湯河原離宮の両エクシブホテルにECタイプの設定のお部屋が存在しないという事をどう考えるかという事ではないでしょうか。

tags: ベイスイート,ラージ,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.