BLOG

2019.10.20

【購入】エクシブ購入に関する情報

グレード比較第四弾シーズン2 CBタイプかECタイプか

このグレード比較検討シリーズもようやく旧エクシブホテルのグレード比較が終わり今日からはエクシブ離宮及び、エクシブ軽井沢パセオ、ムセオ、鳥羽別邸シリーズのグレード比較ブログへとなります。

以前の旧エクシブのグレード比較がシーズン1だとしたらこのエクシブ離宮シリーズのグレード比較はシーズン2といった感じでしょうか。すでにこの時点ですべての施設のグレード比較ブログを年内に終える事は出来なくなった事が確定している訳ですが、今日からエクシブホテルのグレード比較シーズン2離宮シリーズのスタートとなります。

まずここ数年で導入された新しいグレードになりますが、エクシブ箱根離宮以降に開業されたエクシブの新グレードになります。つまり、現在開業しているホテルではエクシブ箱根離宮、エクシブ有馬離宮、エクシブ軽井沢パセオ、ムセオ、エクシブ鳥羽別邸、エクシブ湯河原離宮の5つのエクシブホテルで導入されているという事になります。

ご覧いただくのはエクシブ軽井沢パセオのCBタイプ和洋室5名定員のお部屋になります。ベッドが2つに和室に3名寝る事が出来ます。
まずCBタイプとは簡単にご説明しますと、従来のエクシブABタイプ(スタンダード)と従来のCタイプ(ラージ)の中間に位置するという事でCBタイプという事になります。

ホテルによって異なりますが約50㎡から70㎡のいくつかのお部屋タイプがありその中からご利用人数やご利用シチュエーションを選んで予約する事が出来るというのが特徴で、従来のスタンダードタイプになかった応接セットがあるのが特徴になります。

エクシブ箱根離宮以降に開業したエクシブホテルのCBタイプはすべてお風呂とトイレが完全にセパレートタイプになっていますが、従来のエクシブCタイプとは異なり、エクシブ箱根離宮、エクシブ湯河原離宮の2名定員CBタイプは洗面所とトイレは一体型となっています。

それでも通常のホテルのツインなどが20㎡から25㎡程度でユニットバスで部屋にはベッド2つというよくあるパターンを考えるととても快適に過ごせるかと思います。
こちらはエクシブ湯河原離宮CBタイプ5名定員和洋室になります。エクシブ有馬離宮のCBタイプなどでは若干使用の異なる洋々ルームがセパレートになった2ベッドルームなどがありますが、大抵のお部屋はこのような感じのお部屋だと思っても構いません。ではこのCBタイプになりますが、旧エクシブホテルとの交換利用に関してはどのようになっているのでしょうか。
旧エクシブホテルはラージグレードと交換利用する事が出来ます。又ベイコート倶楽部との交換利用ではベイスイートと交換利用する事が特徴となっています。つまり旧エクシブスタンダードでは利用する事が出来なかったベイコート倶楽部が利用する事が出来るという点が旧エクシブスタンダードとの一番の違いではないでしょうか。

こちらはエクシブ有馬離宮ECタイプのお部屋になります。こちらも旧エクシブホテルのCグレード(ラージ)とEグレード(スイート)の間に存在するグレードと考えられるでしょう。ECタイプも同様にグレード内にいくつかのお部屋タイプがありご利用人数とシチュエーションに応じてお部屋タイプを選ぶ事が出来ます。ただしお部屋の広さはCBタイプに比べると広くなり約70㎡から90㎡のお部屋になっているのが特徴です。
この新採用のグレードになりますが一番のややこしさはCBタイプでも5名定員は70㎡を超えるお部屋もあればECタイプでも2名定員は70㎡弱のお部屋があるという事です。つまりECタイプの2名定員のお部屋よりCBタイプの5名定員のお部屋の方が広いという事が度々あります。

こちらはエクシブ箱根離宮ECタイプのベッドルームになりますが、先程のエクシブ軽井沢パセオCBタイプやエクシブ湯河原離宮のCBタイプと比べると応接室と別部屋になっているのが写真でもわかるかと思います。つまりECタイプの2名定員のお部屋とCBタイプ5名定員のお部屋は同じぐらいの広さになりますが、お部屋の造りはだいぶゆったりしているという事になります。
では交換グレードはどうなるのでしょうか。

ECタイプはエクシブ旧ホテルに行くとスイート(Eグレード)ベイコート倶楽部ではラグジュアリースイートが利用出来るので交換利用する場合はCBタイプとECタイプではだいぶ利用出来るお部屋が変わってきます。

ただし、このECタイプですがエクシブ軽井沢パセオ以降開業したエクシブ鳥羽別邸及びエクシブ湯河原離宮では姿を消しました。つまりエクシブ箱根離宮、エクシブ有馬離宮、エクシブ軽井沢パセオのECタイプを所有している方はご自身と同じグレードがエクシブ鳥羽別邸とエクシブ湯河原離宮にはないということになります。

つまりこの2施設ではECタイプを所有していてもCBタイプしか予約出来ない事を意味します。よく今後開業するエクシブホテルではもうECタイプは作られないのでしょうかというご質問をいただきますが、クラベールにもこれはわかりませんし、おそらくリゾートトラストでも次回の新規施設のお部屋グレードをどのようにするかなどは決まっていかと思います。

CBタイプとECタイプの行方は今後どうなるのでしょうか。今後の施設展開におけるグレードに注視したいと思います。

tags: CBタイプ,ECタイプ,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.