BLOG

2018.08.14

【購入】エクシブ購入に関する情報

エクシブ中古会員権CBタイプよりCグレードラージでしょ。

エクシブのグレードがだんだん複雑化しており、一体全体エクシブを検討しているお客様の中でどのくらいの方がこの複雑なグレードを理解して購入しているのかとても不安になるこの頃ですが。皆さん、エクシブの交換グレード理解していますか?

クラベールが不安になってもしょうがないのですが、このグレードの複雑化に関してはリゾートトラストで購入するところの良い点というのはリゾートトラストの営業が来て親切丁寧にこの会員権を購入すると琵琶湖行くとこの部屋が使えます。とか、有馬離宮ではこの部屋が使えます。とか図面やパンフレットを使って視覚的にグレードについて説明してもらえます。

一方、セカンドマーケットで購入するという事になると、大抵電話での説明となり、図面もないところで約〇〇平米ぐらいのお部屋が使えます。という実感のわかない検討になってしまうという事です。

で前置きが長くなりましたが今日お話しする内容というのはラージグレードを検討しようという時、何に注意して検討するべきかをご説明したいと思います。

現在、エクシブを検討しようとおもっているのですが、というお客様の中でエクシブ箱根離宮CBタイプを検討しようと思っています、というお客様の方が例えばエクシブ初島クラブのラージタイプを検討してみようと思っています。というお客様より俄然問い合わせ件数が多いのが現状です。

これは理解出来ます。

東京、神奈川にお住まいの方にすれば箱根という土地は一番身近なリゾート地で施設自体も比較的新しく、箱根にリゾートを所有するという事は決して的外れだとは思いません。

一方、エクシブ初島クラブです。熱海港から船で23分と書いていますがいつも思うのが30分の間違いではないか。どうでも良い話ですが、船に乗るのが面倒である。嵐が来たら行けなくなるなどマイナス要因を探せばいくらでも出てきそうですが、箱根にリゾートを持っているというのとイメージ的にもだいぶ違うような気がします。

では現在セカンドマーケットで販売しているエクシブ箱根離宮ですがおおよそ120万円ほどで購入でき、一方の初島クラブラージであるCタイプ、Dタイプはおおよそ約70万円前後ほどで購入出来ます。

利用に関してはどうでしょうか。

複雑化というのはこういう事です。エクシブ箱根離宮120万円で購入したAさんと、エクシブ初島クラブを70万円で購入したBさんそれぞれ、エクシブ浜名湖に行ったとします。AさんもBさんも浜名湖では同じラージグレードのCタイプというお部屋を利用する事になります。

これがエクシブ箱根離宮に行ったとします。エクシブ箱根離宮を120万円で購入したAさんは当たり前ですが自身が購入したCBタイプを利用致します。一方エクシブ初島クラブを70万円で購入したBさん、エクシブ箱根離宮ではECタイプというAさんが購入したCBタイプよりワンランク上のお部屋を利用する事が出来ます。

これは箱根だけではなく比較的新しい施設の軽井沢パセオやエクシブ有馬離宮でもBさんはAさんよりワンランク上のお部屋を利用出来ます。

Bさんより50万円高く購入したAさんの方が、施設によってはグレードの低いお部屋の利用となるのです。

更にエクシブを検討されている方を悩ます原因となっているのがここからです。ここ数年でオープンした鳥羽別邸と湯河原離宮ではECタイプという設定がないために、鳥羽別邸と湯河原離宮では又AさんとBさんは同じCBタイプを利用する事になるのです。

最近の施設ではAさんよりワンランク上のお部屋が利用出来ると思ったBさんまたまた鳥羽別邸と湯河原離宮では同じお部屋になるのです。

クラベールは箱根を欲しいという方に無理に初島のラージの方が良いですよ。なんて話はしませんが、もう一度、グレードについて理解してからご検討されるのも悪くないのではないでしょうか。

tags: CBタイプ,ECタイプ,ラージ,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.