BLOG

2019.03.22

【売却】エクシブ売却に関する情報

スタンダード仲介相場の値下がりが半端ない

今日はエクシブスタンダード会員権を売却しようという方には少し辛いお話になります。現在仲介市場で販売でしているエクシブスタンダード会員権ですが、ここ1年でだいぶ全体的に相場が下がってしまいました。

これはホームグランドがどこという事に限らず離宮シリーズのCBタイプを除く大半の施設の会員権で値下がりをしています。現在クラベールに会員権を購入したいのですがというお問合せの内訳は大抵このような感じです。

10件購入のお問合せがあると、約4件ほどがベイコート倶楽部の購入を検討されている方からのお問合せです。約3件ほどがエクシブSグレードもしくはSEタイプのお問合せのお客様です。残りがスイートとラージを購入したいのですがというお客様からのお問合せになります。

つまり10件会員権を購入したいのですがというお問合せの内スタンダードグレードのお問合せは1件もありません。これはおそらく他のエクシブ会員権仲介業者も同様の状態でなはないでしょうか。エクシブ会員権とはその物がどんなに素晴らしくても需要がなければ売却する事は出来ません。

つまり、1件の購入したいというお客様に対して売却したいというお客様の割合はおそらく10倍ほどいるかと思います。そうなると金額を下げないと売却する事は出来ない事になります。そのようにして徐々に少しずつ仲介相場は下がっていきます。

では何故エクシブスタンダード会員権の仲介相場は値下がりしているのでしょうか。

考えられる要因としてはここ数年で新しくリゾートトラスト施設でラインナップされるベイコート倶楽部がスタンダードグレードだと交換利用出来ない事やスタンダード会員権を購入するのに会員権本体価格より諸費用の方が高い事、又ラージグレードも以前と比べて相場が安くなっている事がスタンダードグレード会員権に影響を及ぼしているのかしれません。

個人的にはエクシブ離宮シリーズを平日利用でメインに考えているというお客様はどこかの安いスタンダード会員権を購入するというのはありなのではないでしょうか。現在は何処の離宮シリーズでも大半は平日は空いていますし今となっては1泊2食の無料チケットも廃止されています。エクシブ伊豆や山中湖のスタンダード会員権を購入して箱根離宮や湯河原離宮に交換して利用する。そのような割り切った考えで購入するというのも良いかもしれませんね。

tags: スタンダード,仲介相場,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.