BLOG

2018.05.03

【売却】エクシブ売却に関する情報

東京ベイコート倶楽部売却は絶頂を迎えてる説

現在、クラベールにお問合せをいただく一番多いお問合せ内容は東京ベイコート倶楽部を購入したいというお問合せ内容になります。

ひょっとすると東京ベイコート倶楽部売却の仲介相場は現在最高潮を迎えているのかもしれません。
どのような事かと言うと東京ベイコート倶楽部並びにエクシブなどのリゾートトラスト会員権の仲介相場金額は需要と供給のバランスで仲介相場は決まってきます。

つまり現在東京ベイコート倶楽部の需要が供給に追い付いていな状況にあるのです。
何故このような状況になっているのでしょうか。

お問合せいただくに方に共通するのが関西地区からのお問合せになります。

多くの方がリゾートトラストから芦屋ベイコート倶楽部の案内を受けていて、金額が高額なために東京ベイコート倶楽部を購入して芦屋ベイコート倶楽部を利用したいというお問合せ内容になります。

芦屋ベイコート倶楽部が開業するまでこのような東京ベイコート倶楽部を購入したいというお問合せは東京、神奈川からのお問合せが大半でしたが現在、東京ベイコート倶楽部を購入したいというお問合せをいただく方の大半が関西方面からのお問合せになります。

つまり今まで首都圏の方のみで求められていた東京ベイコート倶楽部が関西方面にお住まいの方も東京ベイコート倶楽部を求める方が増えてきたという事です。単純に欲しいと思う方が増えれば、仲介相場は上がります。

ではどのくらい仲介相場は上がっているのでしょうか。

一番仲介相場が上がっているロイヤルスイートは1年ほど前は約800万円ほどで3年ほど前は750万円ほどで売買されていました。で現在はというと900万円ほどになります。東京ベイコート倶楽部が仲介相場に出てから約10年になりますが、多少の仲介相場の上限があったもののほぼ横ばいという感じでした。

しかし芦屋ベイコート倶楽部開業が迫るにつれてここ半年ほどでしょうか。急激に東京ベイコート倶楽部の仲介相場が上がっています。

では後1年ほどで開業を迎えるラグーナベイコート倶楽部ですが、何故か中部地区からの東京ベイコート倶楽部が増えているのかと言うと、多少は確かにありますが、関西方面のようにたくさん問い合わせがあるという事ではありません。

おそらくラグーナベイコート倶楽部はベイコート倶楽部シリーズではありますが、名古屋のお客様から食事だけ行こう。という距離ではないので実質エクシブとしての利用になってしまうのです。

となると次の東京ベイコート倶楽部仲介相場上昇は横浜ベイコート倶楽部開業間近なのかというと、断言は出来ませんが、東京ベイコート倶楽部から首都高速で20分,おそらくニーズのある方はすでに東京ベイコート倶楽部を購入してしまっているのではないかという事です。

果たして今後の東京ベイコート倶楽部仲介相場、今後の上がっていくのかそれとも仲介相場市場で一番良い時なのか今後の仲介市場に注視したいと思います。

tags: 仲介相場,売却,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.