BLOG

2017.12.02

【売却】エクシブ売却に関する情報

エクシブ箱根離宮ECタイプの売却を考えてみる

今日はエクシブ箱根離宮ECタイプの売却について考えてみようと思います。

何故このように特定の権利に関してお話しようかと思いますと、今後のECタイプの扱いについてリゾートトラストの戦略が不鮮明であるからです。今まで幾度かエクシブ箱根離宮ECタイプについては触れて来ましたが、今思えばECタイプの誕生はエクシブ箱根離宮が最初でその後の有馬離宮、軽井沢パセオと続きました。

ここまではエクシブの新しくオープンするホテルにはCB,EC,SE,Sとグレード別になるのかと思われていたのでしたが、その後に続いたエクシブ鳥羽別邸、湯河原離宮に関しては、CB,SE,Sの3グレードしかなくECタイプは作られませんでした。

これはエクシブを購入検討をされている方からしたら、ECタイプを購入しても湯河原離宮を利用した場合CBタイプを利用しなくてはならないという事になります。つまり今後、仲介市場でエクシブを検討されている方がECタイプの将来性などを考えるようになると需要がなくなくっていく事が危惧されます。エクシブ仲介相場は需要と供給のバランスで決まっていきます。今後エクシブを購入検討される方がエクシブ箱根離宮ECタイプを検討から外されるケースが出て来ると思われます。

クラベールの考えすぎでなければ良いのですが、エクシブ箱根離宮ECタイプの相場動向が今後心配です。クラベールは個人的には箱根離宮ECタイプは好きな会員権です。特に箱根離宮ECタイプの2名定員のお部屋は内装もすばらしく又、お部屋からの眺望も文句の付けどころがありません。

箱根の利用をメインに考えるという方からしたらエクシブ箱根離宮ECタイプはすごく良い商品だと思います。エクシブの良い所は一カ所の所有権で全国各地のエクシブが使えるというのが良い点でもあります。ただし今後の新規施設との交換利用という事を考えるとエクシブ箱根離宮ECタイプの立ち位置が心配です。

2カ月ほど前の話ですが、エクシブ箱根離宮を検討しているという事でご紹介を頂戴しお会いしたお客様ですが、ご自身である程度勉強をしていらっしゃっていましたが、ECタイプを購入すると湯河原ではCBタイプに利用になるなど理解しているお客様で多くの方がエクシブを購入する時に熱心に勉強されています。

今後、このようなお客様が増えてくるとエクシブ箱根離宮ECタイプを需要が下がっていくと懸念されます。エクシブ箱根離宮ECタイプの今後の動向が離せませんね。

tags: ECタイプ,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.