BLOG

2017.10.08

【売却】エクシブ売却に関する情報

東京ベイコート倶楽部いつがBESTな売却時期?

東京ベイコート倶楽部の売却相場が緩やかに上がっています。

以前、東京ベイコート倶楽部の仲介相場が東京オリンピックの影響を受けて不動産価値が上がり、豊洲などのマンション相場が上がっているように東京ベイコート倶楽部の仲介相場が上がるのではないか?とまれに聞く噂にそれは都市伝説である。という趣旨のブログを書かせていただきましたが実際は東京ベイコート倶楽部の仲介相場が上がってきています。

クラベールは東京ベイコート倶楽部の仲介相場と東京オリンピックの開催に関連性が今でもあるとは思いません。

何故なら東京ベイコート倶楽部を売却されるお客様からのお問合せではたまに、オリンピックもあるしいい値段で売れるでしょうか?という趣旨のお問合せを頂戴しますが、購入されるお問合せでオリンピックがあるから購入しようというお問合せは一度もありません。東京ベイコート倶楽部を検討されている方でオリンピックを念頭に検討されている方に一度も会ったことがないからです。

ただ実際は東京ベイコート倶楽部の仲介相場が緩やかに上がっています。何故なのかをクラベールなりに考えてみました。

クラベールもこの状況は意外であったので最近の東京ベイコート倶楽部を購入された方の購入動機を思い出してみると、東京ベイコート倶楽部を購入された方の中に今までは東京ベイコート倶楽部の営業に行く事がなかったような地域のお客様が多数入らっしゃった事です。それは今まで東京ベイコート倶楽部を購入される方の大半がが関東圏にお住まいの方であったのに対して中部地区や関西圏などのお客様が増えてきている事です。

確かに、よくよく考えてみると、あと半年ほどでオープンする芦屋ベイコート倶楽部と一年半後のラグーナベイコート倶楽部、これらを利用する方にとっては、ベイコート倶楽部をシステム商品と考えればわざわざ住まいの近くのベイコート倶楽部を購入しなくても、東京ベイコート倶楽部を購入して交換利用すれば良いだけの話です。

エクシブで遠い所有権を購入してしまうと無駄にしてしまう一泊二食の無料チケットもベイコート倶楽部の場合は最初からありません。

このように考えてみると、今まで関東圏にお住まいの方が購入客の大半であった東京ベイコート倶楽部が中部地区、関西地区にお住まいの方にも検討対象に入る事により、現在ベイコート倶楽部は買い手市場というより、売り手市場へと変わってきているのが現状だからなのではないでしょうか。

今後、まだ確定ではありませんが、横浜ベイコート倶楽部も話が具体化していき建設が本格化すると東京ベイコート倶楽部の需要はさらに上がることが予想されます。こればかりはクラベールも予想でしかありませんが、東京ベイコート倶楽部の仲介相場は今後もしばらくは緩やかな上昇をしてくのではないでしょうか。

つまりクラベールの結論としては、東京ベイコート倶楽部の仲介相場が上がってきているのはオリンピックではなく、芦屋ベイコート倶楽部とラグーナベイコート倶楽部のオープンが東京ベイコート倶楽部の仲介相場に影響をおぼよしていると考えています。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.