BLOG

2017.05.22

【売却】エクシブ売却に関する情報

エクシブ中古会員権購入する時と売却する時の考え方

現在リゾートトラスト会員権を購入する事を検討されている方がいらっしゃったらクラベールから1つだけアドバイスがあります。

といっても売却する時のお話になります。なんの事かわからないかもしれませんが、エクシブや東京ベイコート倶楽部の会員権を購入検討する際に売却の知識もあればエクシブや東京ベイコート倶楽部の見え方が変わって来るのです。

どのような事かと言いますと多くのエクシブのようなリゾートトラスト会員権の初期投資費用は戻ってこない金額だと考える方が多いのです。

具体的にお話しますと、現在中古会員権市場で良く売買されているエクシブ箱根離宮の会員権CBタイプが120万円ほどでECタイプは250万円ほどで売買されています。
ECタイプを例に挙げてみますとこうなります。ECタイプの本体価格が250万円ほどでそれに名義変更料、移転登記費用、仲介手数料、月割り年会費などの諸費用が約60万円ほどで総額310万円ほどになります。

これを数年利用した後にやはりそこまで利用しなかったという事で売却するという事になったとします。その時の相場はおそらく安くなってしまったという事になるでしょう。

高くなっているという事はないかと思いますが、横ばいもしくは少し値段が下がってしまった場合ですとエクシブ会員権の本体価格もしくは若干の目減りした金額は売却という形で戻ってくるお金になります。その時200万円で売却出来たという場合の実質の損失は50万円の目減り分と諸費用でかかった60万円ほどで合計110万円ほどという事になります。

多くの方がエクシブのようなリゾート会員権を購入する時、損したくないという事を考える方がいらっしゃるのですが遊んで経済的な損失があるのはエクシブのようなリゾート会員権に限らず一般のホテルに宿泊してもお金はかかるのです。これを10年利用したと考えると。1年辺りのリゾート会員権の保有した金額と考えるとはそこまで悪くないのではないでしょうか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.