BLOG

2017.04.24

【売却】エクシブ売却に関する情報

エクシブ処分3つの方法(解約・譲渡・売却)

普段はこちらのクラベールブログを通じて仲介業者を通じてリゾートトラスト会員権をご売却する時のお話をしているので今日は例外的なエクシブの処分方法とそれについてのQ&Aのついてのお話をしたいと思います。

エクシブ会員権を処分するには主に3つの方法があります。
1つ目はエクシブ会員権を仲介業者を通じて売却する方法です。これは一番一般的なエクシブ会員権の処分方法となりますが、今日は残りの2つリゾートトラスト会員権のお話をしたいと思います。

まずエクシブをリゾートトラストに申し出て解約するという方法です。

エクシブを仲介業者で購入した方はほとんどご存知ないのですが、仲介業者で売買されているエクシブ会員権は元々は運営会社リゾートトラストと売却を希望しているお客様が契約をされた商品になります。基本的に仲介業者でエクシブ会員権を購入された方は元々の契約を引く次ぐという形式になるためにその契約書にはエクシブの解約についての事が書かれてあります。そこで通常で起こり得る解約できるケースについてのお話をしたいと思います。

解約が出来る条件とは
契約された本人が死亡した時もしくは破産や法人であれば民事再生手続きがなされた時などです。他にも海外移住や高度の疾病、社会通念上利用が困難になった時と書いてあります。ここでよくあるご質問に高齢になり、車の免許を返納したためにエクシブを利用出来なくなったから解約したいのですが。というご希望をおっしゃる方がいますがこのくらいのケースですと社会通念上利用出来ないという事には該当しません。

例えば電車とバスを乗り継いでもエクシブホテルを利用する事が不可能な状況になってしまった場合などは例外的に対応してもらえるかもしれませんが、車の免許の返納ぐらいですと運営元からすれば最寄りの駅からシャトルバスを出しているので電車でお越し下さいとなります。

但し、これはケースバイケースなので自分でこれらのケースに当てはまるのかな?と思われた方は直接リゾートトラストに聞いてみるのがよろしいかと思います。ただし解約できるからと言ってどのくらいの金額が戻ってくるのでしょうか。

これについてもリゾートトラストの契約書には明記されています。
基本的には不動産代金の半分もしくは土地については契約時の価格、建物は年間7,4パーセント償却した金額の低い方の償却保証金の残存額を足したものとなっています。

仲介業者で購入された方はご自身の所有しているエクシブの内訳についてご存知ではないと思いますのでそれに関しては物件により異なるために運営会社リゾートトラストに問い合わせしてみるしかありません。ちなみにリゾートトラストが販売しているエクシブは登録料、償却保証金、不動産代金の土地、建物に内訳がわかれています。

次に譲渡するという方法があります。
先の契約者本人が死亡したがどなたかが相続したいという場合は2親等以内であれば名義変更料は5万円と登記手続きに5万円~10万円ぐらいで譲渡出来ます。それ以外にたまたま一緒に利用していた友人が欲しいという事で譲るというような場合ですが売買金額にリゾートトラストは関与致しません。売却される方、購入される方が納得されれば売却金額はいくらでも構わないという事になっています。

その場合は諸費用は名義変更料30万円と登記にかかる費用が5万円~10万円ほどとなっています。登記の費用は所有権、グレードによって金額が異なりますが10万円以内かと思います。

少しはお役に立てたでしょうか。ここで皆様の疑問でまだ問い合わせるまでではないのだけどというような情報を皆様にお届けしていますが詳細について詳しく聞きたいや相談したいという方はお気軽にお問合せいただければと思います。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.